紫外線対策 | 愛知県名古屋市名東区藤が丘駅から徒歩2分 痛くない整体 かえで接骨院

痛くない整体 かえで接骨院

  • お気軽にご相談下さい
  • 052-769-6939
  • 予約優先|営業時間 10時~21時|木曜・日曜定休 ※不定休 祝日

紫外線対策

紫外線対策

2017年4月26日ブログ

紫外線を防ぐために、日焼け止めを始めUVグローブや日傘などで顔やボディへの対策を行っている方は多いと思います。しかし、意外と知られていないのが目です。

 

最近の研究では、目に紫外線が当たるだけでも肌が黒くなることが分かってきたそうです。

 

目が紫外線を浴びる事によって目の角膜が炎症を起こします。その炎症が刺激となって、脳はメラニン生成を促すと推定されています。つまり、直接肌に紫外線が当たった時と同じ状態になり、肌に紫外線が当たらなくても肌が黒くなるということだそうです。

 

真夏の海岸や、晴れた日のスキーで目が真っ赤に充血することがあります。これは、主にUV-Bによって角膜が炎症を起こす「角膜炎」です。強い紫外線を長時間浴びると角膜を覆う角膜上皮細胞が炎症で剥けたようになり、強い痛みを感じ一時的に視力に影響が出ることもあります。

 

また、UV-Aは、目の奥にありレンズの役割を果たす水晶体にまで届きます。紫外線の蓄積で水晶体は酸化されて蛋白質を形成し、次第に白く濁り「白内障」の原因になります。

 

 

目からの日焼けを防ぐ対策としては、 UVカット効果のあるサングラスやメガネをかける、つばの広い帽子をかぶる、日傘をさすなどがあります。

 

 

強い日差しを浴びた際は、目元を冷やし、十分な睡眠を心がけ目に休息を与えましょう。目の痛みや充血などの症状が続く場合は、早めに眼科を受診しましょう。

 

 

 

名古屋市名東区整体接骨院をお探しなら、藤が丘駅徒歩2分の痛くない整体かえで接骨院へ

肩こり腰痛、首の痛み、ひざの痛み顎関節症ストレートネック五十肩半月板損傷、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、背中の痛み、オスグット病シンスプリント野球肩捻挫、肉離れ、股関節の痛み、腱鞘炎、バネ指、有痛性外頚骨、頭痛、冷え性、生理痛、手・足のむくみ、耳鳴り、不眠症マタニティ整体小顔骨盤矯正産後の骨盤矯正、O脚矯正、猫背、側弯症、目の疲れ、めまい、ムチウチ症などの症状はお気軽にご相談ください。

TEL 052-769-6939

愛知県名古屋市名東区藤見が丘30番地 藤見が丘ASビル1D

営業時間 10:00~21:00(予約状況により前後あり)

定休日 日曜・祝日(臨時休あり)

健康保険取扱交通事故自賠責保険

記事一覧に戻る

ページの先頭へ