春の睡眠 | 愛知県名古屋市名東区藤が丘駅から徒歩2分 痛くない整体 かえで接骨院

痛くない整体 かえで接骨院

  • お気軽にご相談下さい
  • 052-769-6939
  • 予約優先|営業時間 10時~21時|木曜・日曜定休 ※不定休 祝日

春の睡眠

春の睡眠

2017年4月19日ブログ

春は新しいことの始まりが多く忙しい季節。そんな忙しい毎日を支えるのは質のいい睡眠です。

より良い睡眠のために、眠る前の1時間をゆったりと過ごすことが大切です。

 

・就寝1時間前には、スマホやパソコンを消す

就寝前のスマートフォンやパソコンには、エスプレッソコーヒー約2杯分もの覚醒作用があるそうです。画面から発せられているブルーライトが、安眠に誘うホルモンである「メラトニン」を減らしてしまうからです。

 

・就寝前のカフェインやアルコールは控えましょう

コーヒーなどのカフェイン飲料は、6時間後も睡眠に悪影響を与えるそうですので、夕方以降のカフェイン摂取は控えましょう。

眠れないときに寝酒に頼る方もいると思います。しかし、アルコールは眠気を誘う一方で、時間とともに分解されると眠りを浅くします。また、利尿作用によってのどが渇いたり、トイレに起きたくなったりして、夜中に何度も目覚めてしまうこともあります。

 

・温めとリラックスを大切に過ごす

眠気が強まるのは、深部体温が下がってくるタイミングです。眠る1時間ほど前にストレッチなどの軽い運動や入浴で身体を温めると、そのあと体温の下がり方が大きくなり眠気も強くなりやすく、ぐっすり眠れます。

心と身体のリラックスも大切です。血のめぐりが良くなって身体からの放熱が促されることで、体温が下がり、心地よい眠気が訪れやすくなります。

 

・体内時計を整えて眠りと目覚めのリズムを作る

私たちの身体のリズムを作る体内時計は、規則正しい繰り返しによって作られます。起床時刻と就寝時刻を一定にすることで、より熟睡しやすくなります。

 

春の眠気に負けないように環境を上手に整えて身体を休め、さわやかに朝を迎えましょう。

 

 

 

 

名古屋市名東区整体接骨院をお探しなら、藤が丘駅徒歩2分の痛くない整体かえで接骨院へ

肩こり腰痛、首の痛み、ひざの痛み顎関節症ストレートネック五十肩半月板損傷、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、背中の痛み、オスグット病シンスプリント野球肩捻挫、肉離れ、股関節の痛み、腱鞘炎、バネ指、有痛性外頚骨、頭痛、冷え性、生理痛、手・足のむくみ、耳鳴り、不眠症マタニティ整体小顔骨盤矯正産後の骨盤矯正、O脚矯正、猫背、側弯症、目の疲れ、めまい、ムチウチ症などの症状はお気軽にご相談ください。

TEL 052-769-6939

愛知県名古屋市名東区藤見が丘30番地 藤見が丘ASビル1D

営業時間 10:00~21:00(予約状況により前後あり)

定休日 日曜・祝日(臨時休あり)

健康保険取扱交通事故自賠責保険

記事一覧に戻る

ページの先頭へ