甘味依存症 | 愛知県名古屋市名東区藤が丘駅から徒歩2分 痛くない整体 かえで接骨院

痛くない整体 かえで接骨院

  • お気軽にご相談下さい
  • 052-769-6939
  • 予約優先|営業時間 10時~21時|木曜・日曜定休 ※不定休 祝日

甘味依存症

甘味依存症

2017年1月20日ブログ

「依存症」とは、様々な物や事柄、行動に対して心地よく感じたり、逆にそれが無いと不快感を覚える状態のことを言います。

「甘味依存症」はチョコレートやアメ、ジュース、甘いものであれば何でも良かったりなど、その種類はいろいろです。

 

糖分は脳細胞の活性化につながりますし、お菓子やスイーツをストレス解消として息抜きやご褒美に食べる方も多いと思います。

 

常に糖分を摂取していると、肥満・糖尿病などの病気を起こすだけでなく、高血圧・心筋梗塞・脳梗塞などの血管の病気を起こします。しかし、依存症になっている場合は、摂り過ぎが良くないと思っていてもなかなか止められない状況になってしまっています。

 

長期間にわたり糖質や炭水化物を摂り過ぎることによって、インスリン産生に負担がかかってしまうと、その機能の動きが悪くなります。それが進行すると血糖が上昇していき、尿にも糖が出てしまうので、「糖尿病」と言われているわけです。

甘味依存症は、糖尿病の危険因子と言えます。

 

~甘味依存症の予防と対策~

 

・空腹時には、できるだけ甘いものを避けるようにしましょう。

・ジュースは控えめに、水を多く飲みましょう。

・適度な運動をして、毎日日光を浴びましょう。

・自分の身の回りにお菓子などの甘い物を置かないようにしましょう。

・ストレスや心労で甘味依存症になることが多いので、趣味などで日ごろからストレスをため込まないようにしましょう。

 

一切食べない!!と決めてしまうと余計に食べたくなってしまうものです。たまにはご褒美に甘い物を食べましょう。

もちろん量は控えめに。

 

 

 

 

 

名古屋市名東区整体接骨院をお探しなら、藤が丘駅徒歩2分の痛くない整体かえで接骨院へ

肩こり腰痛、首の痛み、ひざの痛み顎関節症ストレートネック五十肩半月板損傷、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、背中の痛み、オスグット病シンスプリント野球肩捻挫、肉離れ、股関節の痛み、腱鞘炎、バネ指、有痛性外頚骨、頭痛、冷え性、生理痛、手・足のむくみ、耳鳴り、不眠症マタニティ整体小顔骨盤矯正産後の骨盤矯正、O脚矯正、猫背、側弯症、目の疲れ、めまい、ムチウチ症などの症状はお気軽にご相談ください。

TEL 052-769-6939

愛知県名古屋市名東区藤見が丘30番地 藤見が丘ASビル1D

営業時間 10:00~21:00(予約状況により前後あり)

定休日 日曜・祝日(臨時休あり)

健康保険取扱交通事故自賠責保険

記事一覧に戻る

ページの先頭へ