畳の手入れ方法 | 愛知県名古屋市名東区藤が丘駅から徒歩2分 痛くない整体 かえで接骨院

痛くない整体 かえで接骨院

  • お気軽にご相談下さい
  • 052-769-6939
  • 予約優先|営業時間 10時~21時|木曜・日曜定休 ※不定休 祝日

畳の手入れ方法

畳の手入れ方法

2017年1月13日ブログ

冬は、結露や加湿器の利用などで家の中に湿気がこもりやすい時期。とくにこの時期、注意したいのが、「畳のカビ」です。カビは子どもはもちろん、大人にも影響がありますので、しっかりキレイにしておきましょう。

 

掃除機を使用する場合は、畳を傷めないように、目に沿ってゆっくりとかけますが、畳の目に入りこんだホコリや汚れは、掃除機だけではなかなかキレイに取り除けません。

そこで、普段のお手入れでは掃除機でホコリを取ったあと、乾いた雑巾で畳の目に沿って乾拭きします。

 

ぬらした雑巾で拭くとカビの原因になることもあるため、普段のお掃除では「乾拭き」が最適。どうしても表面の汚れが気になって水拭きしたいときは、できるだけかたく絞った雑巾を使用し、最後に乾拭きをしてから十分に換気をして、畳に湿気を残さないようにしましょう。

 

イ草はとても湿気を吸収しやすいため、換気が不十分だったり、湿度の高い日が続いたりするとカビの発生につながります。

 

そのため、できれば畳は定期的に干すようにしましょう。晴れた日の昼間に4~5時間ほど干すとよいそうです。

(畳表に長時間直射日光が当たると、変色の可能性がありますので注意してください)。

 

畳を干すスペースがない場合は、畳を浮かせてそこに物をはさみ込み、風を通してあげるだけでもずいぶん違います。

 

フローリングとくらべると、少し手入れが面倒な気もしますが、畳に使用されているイ草には、その香りや質感のほかにも、断熱性・保温性・音を吸収する・湿気を吸収するといったさまざまな魅力があります。

 

定期的に手入れしてカビを防ぎましょう。

 

 

 

名古屋市名東区整体接骨院をお探しなら、藤が丘駅徒歩2分の痛くない整体かえで接骨院へ

肩こり腰痛、首の痛み、ひざの痛み顎関節症ストレートネック五十肩半月板損傷、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、背中の痛み、オスグット病シンスプリント野球肩捻挫、肉離れ、股関節の痛み、腱鞘炎、バネ指、有痛性外頚骨、頭痛、冷え性、生理痛、手・足のむくみ、耳鳴り、不眠症マタニティ整体小顔骨盤矯正産後の骨盤矯正、O脚矯正、猫背、側弯症、目の疲れ、めまい、ムチウチ症などの症状はお気軽にご相談ください。

TEL 052-769-6939

愛知県名古屋市名東区藤見が丘30番地 藤見が丘ASビル1D

営業時間 10:00~21:00(予約状況により前後あり)

定休日 日曜・祝日(臨時休あり)

健康保険取扱交通事故自賠責保険

記事一覧に戻る

ページの先頭へ