冬の手荒れ | 愛知県名古屋市名東区藤が丘駅から徒歩2分 痛くない整体 かえで接骨院

痛くない整体 かえで接骨院

  • お気軽にご相談下さい
  • 052-769-6939
  • 予約優先|営業時間 10時~21時|木曜・日曜定休 ※不定休 祝日

冬の手荒れ

冬の手荒れ

2017年1月11日ブログ

冬になると、手指のかゆみや赤み、かぶれ、皮がむける症状に悩まされる方は多いのではないでしょうか?

これらの症状は、「手湿疹」または「主婦湿疹」と呼ばれています。

 

食器洗いや洗濯などの水仕事をする機会が多い方は、手から水分や油分が奪われて乾燥しやすくなります。そのため、皮膚のバリア機能が弱まることで湿疹が起こりやすいともいわれています。特に冬場は空気が乾燥していて、さらに食器洗いにお湯を使うことも多いため、手湿疹になりやすくなってしまいます。

 

薬やハンドクリームを塗るのも対策の一つですが、原因となっている生活習慣や家事のやり方を見直してみましょう。

 

・水仕事をするときは、ゴム手袋を着用

寒い時期には、お湯で食器を洗いたくなりますが、高温のお湯は、水以上に皮膚から水分や油分を奪ってしまいます。食器や手を洗うときの水温は、ちょっと温かい程度に設定しましょう。

また、ゴム手袋をすれば、水やお湯、洗剤に直接ふれずに済みます。シチュエーションによっては使いにくいこともあるかもしれませんが、水をさわる家事をする際には、なるべく身につけましょう。

 

・洗剤類の見直しも大切!

洗浄力が強く、油汚れをスッキリ落としてくれる食器用洗剤は、皮膚への刺激も強めなことが多いです。手が荒れやすい方は、洗浄力よりも肌へのやさしさを重視して洗剤を選びましょう。

すべての食器をいっしょにして洗うと、油がついていない食器にも油が回ってしまうので、より多くの洗剤が必要になります。食器を分けて洗うひと工夫で、手への刺激を最小限にすることができます。

 

・生活習慣の工夫+保湿ケアで徹底予防!

シャンプーでも刺激を受けていることもあるのでシャンプーも敏感肌用のものを選んでみるのもよいです。

さらに予防を徹底するなら、もちろん保湿も大切。水仕事や手洗い、入浴のあとには、すばやくハンドクリームでケアを!!水仕事の前に塗って、手指をバリアするタイプのクリームもあります。

 

ただし、上記のような工夫や保湿ケアで改善しない場合や、症状がひどい場合は、早めに皮膚科を受診して相談したほうがよいです。

手湿疹で手が荒れると、毎日の家事が苦痛になることもあります。上手に予防できるといいですね。

 

 

 

 

 

名古屋市名東区整体接骨院をお探しなら、藤が丘駅徒歩2分の痛くない整体かえで接骨院へ

肩こり腰痛、首の痛み、ひざの痛み顎関節症ストレートネック五十肩半月板損傷、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、背中の痛み、オスグット病シンスプリント野球肩捻挫、肉離れ、股関節の痛み、腱鞘炎、バネ指、有痛性外頚骨、頭痛、冷え性、生理痛、手・足のむくみ、耳鳴り、不眠症マタニティ整体小顔骨盤矯正産後の骨盤矯正、O脚矯正、猫背、側弯症、目の疲れ、めまい、ムチウチ症などの症状はお気軽にご相談ください。

TEL 052-769-6939

愛知県名古屋市名東区藤見が丘30番地 藤見が丘ASビル1D

営業時間 10:00~21:00(予約状況により前後あり)

定休日 日曜・祝日(臨時休あり)

健康保険取扱交通事故自賠責保険

記事一覧に戻る

ページの先頭へ