インフルエンザ | 愛知県名古屋市名東区藤が丘駅から徒歩2分 痛くない整体 かえで接骨院

痛くない整体 かえで接骨院

  • お気軽にご相談下さい
  • 052-769-6939
  • 予約優先|営業時間 10時~21時|木曜・日曜定休 ※不定休 祝日

インフルエンザ

インフルエンザ

2016年12月28日ブログ

毎年、冬の時期に流行する「インフルエンザ」

 

インフルエンザは、38度以上の高熱、筋肉痛、関節痛、全身のだるさなどが急速に表れる病気です。これは、インフルエンザウイルスが体の中で爆発的に繁殖し、体内で炎症を起こすために起こります。

 

これらの症状を少しでも軽減するためには、発症後48時間以内にウイルスに効果がある薬を使うことが大切です!!

 

インフルエンザウイルスは、発症後48時間で繁殖を繰り返し、その後はゆっくりと快方に向かいます。そのため、48時間以内に薬を開始すれば、増殖を抑え、症状の軽減が期待できます。

 

逆に、48時間以上たってしまっていると、効果はほとんど期待できなくなってしまいます。「もしかして」と思ったら、すぐに近隣の医療機関を受診するようにしましょう。

 

冬は、空気が乾燥しています。乾燥は、ウイルスにとっては繁殖に適した環境となっているため、湿度を一定以上に保つということが、インフルエンザの予防策の一つとしてあげられています。

インフルエンザウイルスが空気中で繁殖するのを防ぐためにも、家の湿度は常に60%以上を保つようにしましょう。

 

・インフルエンザワクチン

秋口から冬の始まりまで、医療機関で広く行われるインフルエンザワクチン。実はワクチンを打ったとしても、100%インフルエンザを予防できるわけではありません。

インフルエンザには「型」が数種類存在しています。その「型」の中でも、「今年は得にこれが流行しそうだ」と予測し、その型に適したワクチンが毎年摂取されています。

ですので、摂取した型以外のウイルスが流行していれば、インフルエンザにかかってしまう可能性が高くなってしまうのです。

 

・ワクチン接種が奨励される理由

国や医療機関がワクチン接種を勧める理由に、「インフルエンザの発症を抑える」の他に、「重症化をしにくくなる」というのがあげられます。

インフルエンザは、ウイルスが脳にまで炎症を起こすことで発症する「インフルエンザ脳症」など、特に乳幼児や高齢者がかかると重篤化する危険のある病気です。

 

ワクチンを摂取することで、仮にインフルエンザを発症しても脳症などの重症化はしにくくなるため、乳幼児や高齢者は、摂取が奨励されています。

 

 

 

名古屋市名東区整体接骨院をお探しなら、藤が丘駅徒歩2分の痛くない整体かえで接骨院へ

肩こり腰痛、首の痛み、ひざの痛み顎関節症ストレートネック五十肩半月板損傷、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、背中の痛み、オスグット病シンスプリント野球肩捻挫、肉離れ、股関節の痛み、腱鞘炎、バネ指、有痛性外頚骨、頭痛、冷え性、生理痛、手・足のむくみ、耳鳴り、不眠症マタニティ整体小顔骨盤矯正産後の骨盤矯正、O脚矯正、猫背、側弯症、目の疲れ、めまい、ムチウチ症などの症状はお気軽にご相談ください。

TEL 052-769-6939

愛知県名古屋市名東区藤見が丘30番地 藤見が丘ASビル1D

営業時間 10:00~21:00(予約状況により前後あり)

定休日 日曜・祝日(臨時休あり)

健康保険取扱交通事故自賠責保険

記事一覧に戻る

ページの先頭へ