年末年始は太り気味になりやすい | 愛知県名古屋市名東区藤が丘駅から徒歩2分 痛くない整体 かえで接骨院

痛くない整体 かえで接骨院

  • お気軽にご相談下さい
  • 052-769-6939
  • 予約優先|営業時間 10時~21時|木曜・日曜定休 ※不定休 祝日

年末年始は太り気味になりやすい

年末年始は太り気味になりやすい

2016年12月19日ブログ

年末年始は会食や宴会が多くなります。加えて、お正月休み中は、どうしても運動不足で太り気味になりがちです。

 

そんな年末年始の体重増加の予防法をいくつかご紹介します。

 

 

・お酒の前にナッツを食べる

食べ過ぎ・飲み過ぎ、二日酔いを防ぎたい。

そんな時は、飲みに行く前にナッツ類など脂質の豊富な食品を少し摂るといいでしょう。お腹が空き過ぎていると、アルコールの吸収が早くなるためです。

これを防ぐには、適度に油分をとっておくことです。例えば、マカデミアナッツやくるみなど。飲みにいく前に少しだけ食べるとよいでしょう。

 

・まずは野菜を食べる

飲み会の席で、まずサラダを頼みましょう。

ドレッシングをかけたサラダを食べることで、アルコールが胃で吸収されたり腸で吸収されたりするのを防いでくれます。

 

まず野菜を食べることで、血糖値はじわじわ上昇し、血糖値が急激に上昇するのを防いでくれます。血糖値が急激に上がると、糖がたくさんある状態となり、身体は脂肪を貯め込もうとしてしまうのです。

 

野菜の次に、お酒を飲みながら食べるおつまみとしてお勧めなのが、ビタミンB系の食べ物です。

豚肉、うなぎ、納豆・豆腐などは、ビタミンB群を豊富に含んでいます。それらを含んだメニューを頼んでみてください。

 

・ビールの次は他のものに取り替える

仕事後、「まず一杯」の生ビール。

ビールが一番おいしいのは1杯目。ビールは食欲を増進させる役目もあります。中ジョッキ1杯は、おにぎり1個分近くのエネルギーがあります

ですから、中ジョッキ1~2杯くらいでビールはおしまい。次は、焼酎を炭酸水で割ったサワーなど、ビール以外のものに切り替えましょう。

 

・お酒の席で炭水化物はほどほどに

夜は、朝や昼より、身体が貯め込むほうに働きます。

極端な「糖質抜きダイエット」はお勧めしませんが、ご飯や麺などの炭水化物は、アルコールを摂る人は特に、ほどほどがお勧めです。

 

・〆のラーメンの汁は残す

飲みに行った後「〆めのラーメン」を食べたくなることがあるでしょう。もちろん我慢するのが一番ですが、どうしてもという時は、スープは残してください。ラーメンのカロリーのうち、多いのは「スープ」です。塩分と脂質を含んでいます。

 

・「5色」を意識する

コンビニやスーパー、外食先で食事を選ぶときは、いろんな色のものを選ぶとバランスがとれます。

「5色」を意識してみましょう。赤、白、黄色、緑、黒。このうち、特に意識して摂ったほうが良いのは、緑と黒です。

 

緑の食べ物とは、色の濃い野菜(緑黄色野菜:ほうれん草、パクチー、かぼちゃ、パプリカ、にんじん、ブロッコリー)や、色の薄い野菜(淡色野菜:きゅうり、レタス)です。

黒は、海苔やモズクなどの海草類や、しいたけなどのキノコ類。黒豆など。緑や黒は、ビタミンやミネラル、食物繊維といったように、栄養素が多く、カロリーは低いのです。

 

急な体重増加は身体に負担をかけます。

すべてやれなくても、ご自分でできそうなことだけでもやってみてください。

 

 

 

名古屋市名東区整体接骨院をお探しなら、藤が丘駅徒歩2分の痛くない整体かえで接骨院へ

肩こり腰痛、首の痛み、ひざの痛み顎関節症ストレートネック五十肩半月板損傷、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、背中の痛み、オスグット病シンスプリント野球肩捻挫、肉離れ、股関節の痛み、腱鞘炎、バネ指、有痛性外頚骨、頭痛、冷え性、生理痛、手・足のむくみ、耳鳴り、不眠症マタニティ整体小顔骨盤矯正産後の骨盤矯正、O脚矯正、猫背、側弯症、目の疲れ、めまい、ムチウチ症などの症状はお気軽にご相談ください。

TEL 052-769-6939

愛知県名古屋市名東区藤見が丘30番地 藤見が丘ASビル1D

営業時間 10:00~21:00(予約状況により前後あり)

定休日 日曜・祝日(臨時休あり)

健康保険取扱交通事故自賠責保険

記事一覧に戻る

ページの先頭へ