痔 | 愛知県名古屋市名東区藤が丘駅から徒歩2分 痛くない整体 かえで接骨院

痛くない整体 かえで接骨院

  • お気軽にご相談下さい
  • 052-769-6939
  • 予約優先|営業時間 10時~21時|木曜・日曜定休 ※不定休 祝日

2016年12月6日ブログ

単なる痔だと思って受診せずに、自己判断で市販の坐薬、軟膏で経過観察して来院したときには進行の直腸がんが見つかったということがあります。

 

直腸がん以外にも、注意をしないといけない病気はたくさんあります。

肛門管がん、痔瘻(ろう)がん、悪性黒色腫、パジェット病、ボーエン病。

 

悪性腫瘍以外の良性疾患も鑑別しないといけません。

肛門ポリープ、直腸ポリープ、直腸脱、肛門周囲膿瘍、アテロームなどです。

 

痔は大きく分けると外痔核内痔核裂肛(切痔)痔瘻に分けられます。

 

一般的にイボ痔といわれているのは内痔核です。これが多くの患者さんを苦しめます。排便をしたときに必ず脱出したり出血したり、歩行しているだけ脱出してくるようであれば、手術の適応だと思われます。

 

以前は、内痔核の程度がひどい場合は切除がほとんどでしたが、現在は局所麻酔で痔核に薬液を直接注入して切除した場合と同等か、それ以上の効果が得られる治療が存在するようです。

 

手術以外にも漢方薬と軟膏の併用療法で、かなり改善するケースもあり、痔だと思い込み深刻な顔で来られた患者さんを診察すると単なる肛門の皮膚のたるみで、治療の必要が全くないこともあるようです。

 

やはり恥ずかしくても、受診してから最善の治療方針を考えることが大切ですね。

 

 

 

 

 

名古屋市名東区整体接骨院をお探しなら、藤が丘駅徒歩2分の痛くない整体かえで接骨院へ

肩こり腰痛、首の痛み、ひざの痛み顎関節症ストレートネック五十肩半月板損傷、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、背中の痛み、オスグット病シンスプリント野球肩捻挫、肉離れ、股関節の痛み、腱鞘炎、バネ指、有痛性外頚骨、頭痛、冷え性、生理痛、手・足のむくみ、耳鳴り、不眠症マタニティ整体小顔骨盤矯正産後の骨盤矯正、O脚矯正、猫背、側弯症、目の疲れ、めまい、ムチウチ症などの症状はお気軽にご相談ください。

TEL 052-769-6939

愛知県名古屋市名東区藤見が丘30番地 藤見が丘ASビル1D

営業時間 10:00~21:00(予約状況により前後あり)

定休日 日曜・祝日(臨時休あり)

健康保険取扱交通事故自賠責保険

記事一覧に戻る

ページの先頭へ