飛行機頭痛 | 愛知県名古屋市名東区藤が丘駅から徒歩2分 痛くない整体 かえで接骨院

痛くない整体 かえで接骨院

  • お気軽にご相談下さい
  • 052-769-6939
  • 予約優先|営業時間 10時~21時|木曜・日曜定休 ※不定休 祝日

飛行機頭痛

飛行機頭痛

2016年11月25日ブログ

飛行機の離陸、着陸の時に耳が痛くなることありますよね?

実は、耳だけではなく頭が痛くなってしまうこともあるそうです。
これは「飛行機頭痛」といい、同じ様に気圧の変化が痛みの原因だそうです。

 

~飛行機頭痛とは~

①男性が多い。
②痛みの起こる部位は片方に偏っている。圧倒的に右が多い。
③痛みの起こる部位は目の周り(眼の奥、眉毛のあたりなど)が大部分である。
④痛みの持続時間は20分以内であり、突然スーッと良くなる。
⑤頭痛以外の症状は伴わないことが多い。
⑥発症年齢は平均31歳で、20歳~40歳である。
⑦痛みは大部分が着陸時に起こる。
⑧必ずしも頭痛持ちの方に起こるとは限らない。

 

一番考えやすいのは副鼻腔の問題で、副鼻腔の中でも頭痛が起こる場所から考えて目の奥にある篩骨洞が関与していると考えてらえているそうです。

着陸および離陸時に大気圧が変化しますが、そのときに篩骨洞の中の圧力がうまく開放されないと、篩骨洞内の圧と大気圧との間に格差を生じてこれが篩骨洞の粘膜を刺激し、そこに分布している三叉神経を痛めて神経痛のような激しい頭痛が起こるというメカニズムが最も考えやすいようです。

篩骨洞に一番関係している三叉神経の枝は上眼窩神経ですが、この神経が分布している領域はまさに頭痛の起きる場所と一致しています。
飛行機の離着陸で頭痛が起こったらそれは「飛行機頭痛」かもしれません。

 

その時は、ガムをかんだり、あくびをしたり、鼻通りをよくする薬を使うなど、耳抜きの対策が効果があるそうです。

 

 

 

名古屋市名東区整体接骨院をお探しなら、藤が丘駅徒歩2分の痛くない整体かえで接骨院へ

肩こり腰痛、首の痛み、ひざの痛み顎関節症ストレートネック五十肩半月板損傷、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、背中の痛み、オスグット病シンスプリント野球肩捻挫、肉離れ、股関節の痛み、腱鞘炎、バネ指、有痛性外頚骨、頭痛、冷え性、生理痛、手・足のむくみ、耳鳴り、不眠症マタニティ整体小顔骨盤矯正産後の骨盤矯正、O脚矯正、猫背、側弯症、目の疲れ、めまい、ムチウチ症などの症状はお気軽にご相談ください。

TEL 052-769-6939

愛知県名古屋市名東区藤見が丘30番地 藤見が丘ASビル1D

営業時間 10:00~21:00(予約状況により前後あり)

定休日 日曜・祝日(臨時休あり)

健康保険取扱交通事故自賠責保険

記事一覧に戻る

ページの先頭へ