身体を冷やしやすい朝食 | 愛知県名古屋市名東区藤が丘駅から徒歩2分 痛くない整体 かえで接骨院

痛くない整体 かえで接骨院

  • お気軽にご相談下さい
  • 052-769-6939
  • 予約優先|営業時間 10時~21時|木曜・日曜定休 ※不定休 祝日

身体を冷やしやすい朝食

身体を冷やしやすい朝食

2016年11月15日ブログ

体が冷えると免疫力が低下しやすくなり、風邪をひいたり、代謝も落ちやすく、太りやすい体になってしまうことも……。

健康のために、ぜひとも避けたい体の冷えですが、朝食の中にも身体を冷やしやすい食べ物があります。

 

・焼きたてのトースト

焼きたてのトーストはお手軽なので朝食に食べている人も多いのではないでしょうか。

しかし、パンの原料である小麦粉は、体を冷やしやすい食品でもあります。特に炭水化物でも精製されたものは体を冷やしやすく、砂糖がたくさん使われている菓子パンも体を冷やしてしまいます。

朝食がパン派の人は、ライ麦パンや玄米パンに変えたり、パンに目玉焼やハム、など身体で熱を作るタンパク源となる食材を一緒に摂るようにしましょう。

 

・生野菜のサラダ

朝食で、新鮮なトマトやキュウリ、レタスなど生野菜をたっぷり摂っている人もいるはずです。日本人は野菜の摂取量が少なく、食物繊維やビタミンが多い野菜をたっぷり摂るのは必要なこと。

ですが、水分が多い生野菜は体を冷やしやすく、代謝が下がりやすくなります。

 

・朝食はコーヒーやスムージーだけ

毎朝、新鮮な野菜や果物をミキサーにかけてスムージーを飲んでいる高い美意識を持った女性が増えていますよね。

確かにスムージーは酵素も多く、代謝が気になる人にはオススメのドリンクです。

しかし、スムージーだけでは身体で熱を作る栄養分がほとんどないのでゆで卵や、ソーセージなどを一緒に摂るようにしましょう。

 

コーヒーだけも身体に熱を作り出せないので気をつけましょう。

さらに、空腹で飲むコーヒーは胃に刺激となりますので、手軽に食べられるものを口にしてから飲むようにしましょう。

 

 

朝に効率よく体温を上昇させれば、1日の体温変動がスムーズになりやすくなります。体温変動がスムーズだと、夜は質の良い睡眠を得ることもできます。

 

これからの時期、風邪やインフルエンザが特に流行する時期です。身体が冷えないように朝食にも意識を向けてみてください。

 

 

 

 

 

名古屋市名東区整体接骨院をお探しなら、藤が丘駅徒歩2分の痛くない整体かえで接骨院へ

肩こり腰痛、首の痛み、ひざの痛み顎関節症ストレートネック五十肩半月板損傷、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、背中の痛み、オスグット病シンスプリント野球肩捻挫、肉離れ、股関節の痛み、腱鞘炎、バネ指、有痛性外頚骨、頭痛、冷え性、生理痛、手・足のむくみ、耳鳴り、不眠症マタニティ整体小顔骨盤矯正産後の骨盤矯正、O脚矯正、猫背、側弯症、目の疲れ、めまい、ムチウチ症などの症状はお気軽にご相談ください。

TEL 052-769-6939

愛知県名古屋市名東区藤見が丘30番地 藤見が丘ASビル1D

営業時間 10:00~21:00(予約状況により前後あり)

定休日 日曜・祝日(臨時休あり)

健康保険取扱交通事故自賠責保険

記事一覧に戻る

ページの先頭へ