体重を計るタイミング | 愛知県名古屋市名東区藤が丘駅から徒歩2分 痛くない整体 かえで接骨院

痛くない整体 かえで接骨院

  • お気軽にご相談下さい
  • 052-769-6939
  • 予約優先|営業時間 10時~21時|木曜・日曜定休 ※不定休 祝日

体重を計るタイミング

体重を計るタイミング

2016年11月11日ブログ

朝起きて体重計に乗り、トイレに行ってまた乗って…少しの体重の変化でも嬉しかったり、落ち込んだり、体重の変化に敏感な女性は多いのではないでしょうか。

1日に何度も体重計に乗る人もいると思いますが、体重はいつ計るのがいいのでしょうか?。

 

体重は毎日同じ条件で測定することが大切です

 

体重は常に変動していて、乗る位置、場所、食べた物、運動の量、衣服などによって異なります。

 

1日の中で同じ条件を作りやすいのは起床後すぐや起床後トイレに行ったあとなど、朝食を食べる前がおすすめです。

 

体重計に乗る時はフローリングなどの水平な場所で中央に乗るようにしましょう。

 

 

生理前~生理中は、女性ホルモンのバランスで水分を体に溜め込みやすくなっていたり、体調やむくみなども、体重に影響します。

 

ダイエット中は特に体重の変化が気になるところですが、多少の変化は誰でもありますので振り回されないことも大切です。

 

ダイエット中は体重ばかりを気にしてしまいやすいですが、運動をして脂肪が減っても、筋肉量が増えると体重は増えます。

この場合、体脂肪は減少し、筋肉量が増えて基礎代謝が高まり、太りにくい体質に近づいていますので、ダイエットは順調に進んでいると言えます。

しかし、体重にばかり気を取られていると、体重が増加したことで、さらに食事制限を厳しくしたり、運動量を増やしたりで体に負担をかけるなど無理なダイエットにつながります。

 

一時的な体重の変化に振り回されず、体重の変化を把握して、無理なくダイエットを行いましょう。

 

 

 

 

 

名古屋市名東区整体接骨院をお探しなら、藤が丘駅徒歩2分の痛くない整体かえで接骨院へ

肩こり腰痛、首の痛み、ひざの痛み顎関節症ストレートネック五十肩半月板損傷、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、背中の痛み、オスグット病シンスプリント野球肩捻挫、肉離れ、股関節の痛み、腱鞘炎、バネ指、有痛性外頚骨、頭痛、冷え性、生理痛、手・足のむくみ、耳鳴り、不眠症マタニティ整体小顔骨盤矯正産後の骨盤矯正、O脚矯正、猫背、側弯症、目の疲れ、めまい、ムチウチ症などの症状はお気軽にご相談ください。

TEL 052-769-6939

愛知県名古屋市名東区藤見が丘30番地 藤見が丘ASビル1D

営業時間 10:00~21:00(予約状況により前後あり)

定休日 日曜・祝日(臨時休あり)

健康保険取扱交通事故自賠責保険

記事一覧に戻る

ページの先頭へ