食品の冷凍保存のコツ! | 愛知県名古屋市名東区藤が丘駅から徒歩2分 痛くない整体 かえで接骨院

痛くない整体 かえで接骨院

  • お気軽にご相談下さい
  • 052-769-6939
  • 予約優先|営業時間 10時~21時|木曜・日曜定休 ※不定休 祝日

食品の冷凍保存のコツ!

食品の冷凍保存のコツ!

2016年11月5日ブログ

買いすぎた食品を保存したり、うまく活用すれば時短調理につながる為、冷凍保存をして食品をストックされている方も多いのではないのでしょうか?

 

そんな冷凍保存のちょっとしたコツをご紹介します。

 

1.なるべく小分けにして冷凍する

食品を冷凍する際、食品の内部の水分が結晶化して食品の組織を破壊してしまいます。その為、なるべく短時間で食品を凍結することがおいしく冷凍するコツです。

冷凍する食品は1回分ずつ小分けにすると、短時間で凍結することができます。小分けにしておけば、使用する時も便利です。

 

2.しっかりと密閉して劣化防止

冷凍庫の中は意外と乾燥しています。その為、乾燥しないよう食品は密閉できる容器に入れるかラップでしっかりくるむなどし、密閉して保存するようにしましょう。

食品中の油脂も時間がたつと酸化してしまいますが、密閉することで酸化を防ぐことができます。

 

3.細菌の管理にも気をつけましょう

冷凍保存中は細菌類の多くが活動は休止状態になりますが、菌が減ったり死んだりするわけではありません。冷凍中休んでいる細菌類は、解凍や加熱で活動しやすい温度になると再び増殖していきます。

その為加熱したカレーなどを冷凍する際は、容器を氷水につけるなどしてなるべく短時間で粗熱をとるようにすると良いそうです。また解凍の際は、乾物や火の通ったもの以外は冷蔵庫で解凍するとよいです。

 

 

便利な冷凍保存。みなさんも是非やってみてください。

 

 

 

 

 

名古屋市名東区整体接骨院をお探しなら、藤が丘駅徒歩2分の痛くない整体かえで接骨院へ

肩こり腰痛、首の痛み、ひざの痛み顎関節症ストレートネック五十肩半月板損傷、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、背中の痛み、オスグット病シンスプリント野球肩捻挫、肉離れ、股関節の痛み、腱鞘炎、バネ指、有痛性外頚骨、頭痛、冷え性、生理痛、手・足のむくみ、耳鳴り、不眠症マタニティ整体小顔骨盤矯正産後の骨盤矯正、O脚矯正、猫背、側弯症、目の疲れ、めまい、ムチウチ症などの症状はお気軽にご相談ください。

TEL 052-769-6939

愛知県名古屋市名東区藤見が丘30番地 藤見が丘ASビル1D

営業時間 10:00~21:00(予約状況により前後あり)

定休日 日曜・祝日(臨時休あり)

健康保険取扱交通事故自賠責保険

 

記事一覧に戻る

ページの先頭へ