子供の偏食は成長を妨げる | 愛知県名古屋市名東区藤が丘駅から徒歩2分 痛くない整体 かえで接骨院

痛くない整体 かえで接骨院

  • お気軽にご相談下さい
  • 052-769-6939
  • 予約優先|営業時間 10時~21時|木曜・日曜定休 ※不定休 祝日

子供の偏食は成長を妨げる

子供の偏食は成長を妨げる

2016年10月29日ブログ

偏食は子供の心身の成長に大きな影響を与えます

偏食により特定の栄養が不足すると、体重減少や体力低下をはじめとしたさまざまな影響を及ぼします。

 

食品には主にどのような働きがあるのか、6つの基礎食品群の特徴を知っておきましょう。

 

第1群:魚・肉・卵・大豆(タンパク質など)……骨や筋肉をつくり、エネルギー源ともなる

第2群:牛乳・乳製品・海藻・小魚(カルシウムなど)……骨や歯をつくる

第3群:緑黄色野菜(ビタミンAなど)……皮膚や粘膜を保護する

第4群:淡色野菜・果物(ビタミンCなど)……体の各機能を調節する

第5群:米・パン・イモ類(糖質など)……糖質性エネルギー源となる

第6群:油脂・脂肪の多い食品(脂質など)……脂肪性エネルギー源となる

 

このように、どの食品群も欠かせないほど重要です。そして、わたしたちの体に必要な栄養素をすべて含んでいる食品はありません。ですから、できるだけたくさんの栄養素を摂取できるように、6つの食品群をうまく組み合わせて食べられるようにしましょう。

 

これらの6つの食品群でどれかひとつでも欠けてしまう偏食を子供の頃から続けていると、大人になってから生活習慣病になる可能性が高まります。また、甘いお菓子やパン、インスタント食品、ジュースなどを多く摂取し、野菜や海藻類が不足している子供は低血糖になりやすいので注意してください。

 

偏食は、このように子供の成長に支障をきたします。

 

6つの食品群を意識して、食べられるものを上手に取り入れながら特定の栄養素が不足しないように心がけましょう。

 

 

 

 

 

名古屋市名東区整体接骨院をお探しなら、藤が丘駅徒歩2分の痛くない整体かえで接骨院へ

肩こり腰痛、首の痛み、ひざの痛み顎関節症ストレートネック五十肩半月板損傷、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、背中の痛み、オスグット病シンスプリント野球肩捻挫、肉離れ、股関節の痛み、腱鞘炎、バネ指、有痛性外頚骨、頭痛、冷え性、生理痛、手・足のむくみ、耳鳴り、不眠症マタニティ整体小顔骨盤矯正産後の骨盤矯正、O脚矯正、猫背、側弯症、目の疲れ、めまい、ムチウチ症などの症状はお気軽にご相談ください。

TEL 052-769-6939

愛知県名古屋市名東区藤見が丘30番地 藤見が丘ASビル1D

営業時間 10:00~21:00(予約状況により前後あり)

定休日 日曜・祝日(臨時休あり)

健康保険取扱交通事故自賠責保険

 

記事一覧に戻る

ページの先頭へ