肉=太るは間違い!? | 愛知県名古屋市名東区藤が丘駅から徒歩2分 痛くない整体 かえで接骨院

痛くない整体 かえで接骨院

  • お気軽にご相談下さい
  • 052-769-6939
  • 予約優先|営業時間 10時~21時|木曜・日曜定休 ※不定休 祝日

肉=太るは間違い!?

肉=太るは間違い!?

2016年10月21日ブログ

多くの女性やダイエット中の方など「お肉を食べると太る原因になるのでは?」と肉類を食べることを控えめにしていませんか?

 

しかし、肉には身体の脂肪を燃焼させてエネルギー源に変えてくれる「L-カルニチン」が豊富に含まれているそうです。

「L-カルニチン」は、特に肉の赤身に多く含まれていて、余分な脂肪を溜めにくくもしてくれます。

 

つまり肉=太るというわけではないようですね。

 

さらに、肉類に含まれるタンパク質は、肌や髪、爪、筋肉などの元となる大切な栄養素。ハリのある美しい肌やコシのある髪を保ち、毎日をいきいきと輝かせるために、肉類は欠かせない存在といえます。

 

肉類の脂にも悪玉コレステロールを減らす力が期待できるものもあるようです。

ですので、肉の脂のすべてが悪いものではありませんが、やはり、脂は採り過ぎには注意が必要です。

 

つまり、赤身部分の多いお肉を選ぶことで、脂質を適量に摂取し、脂肪燃焼に働きかける「L-カルニチン」を多く摂取できるということ。

ダイエットで衰えやすい肌のハリを維持し、引き締まったボディラインを叶えてくれます。

 

肉類といっても、種類によって含まれる栄養素は異なります。

 

疲れを感じるときはビタミンB1が豊富な豚肉、貧血気味のときは鉄分やビタミンB12を多く含む牛肉。 肌の美しさに磨きをかけたいときは、ビタミンAやコラーゲンを効率よく摂取できる鶏肉を選ぶといいようですね。

 

ただし、いずれも身体に欠かせない栄養素であるため、バランスよく食べることが大切です。

 

お肉は健康と美容のもと。ダイエットのためにお肉を極端に控えると、筋肉が衰えて年齢が目立ちやすくなる原因にもなります。

 

食事は極端に控えるのではなくバランスよく栄養を摂りましょう。

 

 

 

 

 

 

名古屋市名東区整体接骨院をお探しなら、藤が丘駅徒歩2分の痛くない整体かえで接骨院へ

肩こり腰痛、首の痛み、ひざの痛み顎関節症ストレートネック五十肩半月板損傷、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、背中の痛み、オスグット病シンスプリント野球肩捻挫、肉離れ、股関節の痛み、腱鞘炎、バネ指、有痛性外頚骨、頭痛、冷え性、生理痛、手・足のむくみ、耳鳴り、不眠症マタニティ整体小顔骨盤矯正産後の骨盤矯正、O脚矯正、猫背、側弯症、目の疲れ、めまい、ムチウチ症などの症状はお気軽にご相談ください。

TEL 052-769-6939

愛知県名古屋市名東区藤見が丘30番地 藤見が丘ASビル1D

営業時間 10:00~21:00(予約状況により前後あり)

定休日 日曜・祝日(臨時休あり)

健康保険取扱交通事故自賠責保険

記事一覧に戻る

ページの先頭へ